東京で一人暮らしするにはお金がかかります。

なので、

ちょっと前まではハードルが高く、あきらめる人も多かったと思います。

 

ですが、

 

今はわりとお気楽に上京する人が増えています。

 

その理由は、

 

シェアハウスが普及しているためです。

 

上京に限らず、引っ越しをする時はまとまったお金が必要ですよね。

 

敷金、礼金、仲介手数料など、初期費用がかかります。

東京では、一般的に初期費用は、「家賃の6カ月分」の金額がかかると言われています。

例えば、1ケ月の家賃が8万円だとすると、

8万円 × 6 = 48万円

結構、かかりますよね。

 

これに対して、

シェアハウスの場合は、敷金、礼金、仲介手数料がかかりません。

初期費用は1万くらいです。

これはかなり大きいです。

 

その他、マンションやアパートの場合は、

家具や家電も買わなければいけませんが、

シェアハウスはだいたい家具付きで、家電も付いていたりします。

 

この様に、シェアハウスは、

普通のマンションやアパートと比べて、

はじめにかかるお金が大幅に節約できます。

 

それになんといっても、家賃が安い!

 

いやー、いい時代になったものです。

私も独身で若かったら利用したいですよ。

それに、なんか楽しそうじゃないですか。

 

そういえば、

かくいう私も、実は「シェアハウス」の経験者なんです。

 

上京した1年目は、「下宿」という名の「シェアハウス」(笑)に住んでいました。

ちょっとオシャレ度が違いますが、かなり似たような制度です。

だから、シェアハウスのメリット・デメリットはわかりますよ。

 

シェアハウスの最大のメリットは、

お金が安いということですが、

 

もう1つ大きなメリットがあります。

 

それは人脈と情報ですね。

初めて上京したときは、知り合いも少なく寂しいものです。

あと、1人で暮らしていると、どうしても生活情報が限られてきます。

ネット社会でも、生の口コミ情報に勝るものはありません。

 

シェアハウスだと、自然と住人と知り合いになりますから、寂しくありません。

知り合いを通じて、さらに知り合いが増えますし、

そして、いろいろと東京で生活する上での情報交換ができます。

東京生活に馴染むスピードが明らかに加速します。

リアル人脈は強いですよ。

これはかなり大きなメリットです。

 

一方、デメリットといえば、

 

ケンカになったりすると面倒ということですかね。

それはそれで、いい経験になりますけどね。

 

プライベートが確保しにくいと思われるでしょうが、

今のシェアハウスは、完全個室で鍵がついていますから、

プライベート空間は確保することができます。

 

1人暮らしと共同生活のいいとこ取りが出来るので、

知らない東京で1人暮らしするのは不安、という人にはもってこいです。

 

シェアハウスの居心地が良ければ、そのまま住み続ければよいし、

東京で生活することに慣れてきて、

完全に一人暮らしをしたくなったら、

その時点で引っ越せばいいのです。

 

そういえば、私の知り合いの女性にもシェアハウスに住んでいる人がいます。

便利な場所に格安に住んでますね。

人間関係も良好のようで、引っ越す気配はありません。

 

東京生活は、ハードルが高く思われがちですが、

経済的にも、東京生活に適応するためにも、シェアハウスは優れた制度だと思います。

 

また、女性専用のシェアハウスは、セキュリティ面もしっかりしているので安心です。

 

その他、

1ケ月とか、短期間の利用も出来るので、就職活動などにはかなり便利だと思います。

シーズンになると争奪戦になると思われます。

早めに問い合わせた方が良いと思います。

 

女性専用のシェアハウスでよさそうなところを発見しました。

いろいろと相談にのってくれるので、気楽に問い合わせてみてはいかがですか?

問い合わせるだけなら1円もかかりませんから。

初期費用がたったの1万円!女性専用シェアハウス【かぼちゃの馬車】